小国工場見学

ピーコックの冷凍食品を製造している、新潟県長岡市の小国工場をご紹介いたします。

長岡小国工場から、毎日たくさんの商品が製造されます。

工場は新潟県の中南部に位置し、東西を関田山地と八石山地に囲まれ、中央を信濃川水系の渋海川が貫流する水と緑の豊かな地域です。周囲を山に囲まれた独特の地形は豊富な水源を意味します。
工場は田んぼに囲まれており、春の田植えと同時にカエルが一斉に鳴き始め、夏は緑、秋は黄金のじゅうたんが一面に広がる中に位置します。

毎日厳重な衛生管理を徹底しています。

衛生管理チェック

衛生管理チェック 厳重な管理は入場前から始まっています。作業着の洗濯は全て外部専門業者に委託し、着用前には自分の服と作業着の両方にローラーがけをします。繊維1本持ち込まない姿勢で臨んでいます。

エアーシャワー

エアーシャワー ローラーがけの行き届かない細部のホコリなどを払い落とします。

ローラーがけ

ローラーがけ しわを伸ばし、腋の下や帽子のつば裏まで念入りにローラーがけします。後ろは他の人がかけるルールとなっており、ローラーの使用回数も2回までと決まっています。

手洗い

手洗い ルール化された念入りな手洗い後、爪ブラシで細部の汚れを落とします。特殊な除菌ライト付エアーで乾燥したら、アルコール消毒し、手袋を着用します。

出荷されたばかりの新鮮野菜や原料をチェックします。

野菜加工

野菜加工 新鮮な野菜を流水で水洗いし、不要部分を切り落とした後にカット工程へ回します。

タコ選別

タコ選別 カットタコ工場で厳重なチェックを経て冷凍ブロックされたタコを解凍し、拡大鏡を使って最終異物チェックを熟練者により行います。

最新鋭の機械で、たこ焼きなど様々な商品を製造しています。

[たこ焼製造の流れ]

たこ焼製造の流れ

調合→焼成 野菜・粉・出汁などが調合され、焼成機の鉄板へ直接流れ込みます。揚げ玉やタコを投入して、焼の工程へ流れます。

[たい焼製造の流れ]

たい焼製造の流れ

調合→焼成 ミックス粉・卵など調合室で撹拌され、焼成機の鉄板へ直接流れ込みます。

ベルトコンベアー

ベルトコンベアー 焼きあがったたこ焼は焼成機より自動取り出しされ、ベルトコンベアー上で粗熱を取りながら、フリーザーへ運ばれます。

ベルトコンベアー

ベルトコンベアー 焼きあがったたい焼は焼成機より自動取り出しされ、ベルトコンベアー上で向きを整えられフリーザーへ運ばれます。

X線探知機を通り、冷凍保管庫へ保管されます。

金属探知機・X線探知機により、異物混入検査を経て、冷凍庫へ運ばれます。

カタログの請求・ご商談

メールフォームからはこちらから

カタログの請求・ご商談 お試しセットパックご注文

お電話からもご商談・
お問い合わせを受け付けております

TEL:0120-27-0059 FAX:0258-21-4011
アレンジレシピ集 メディア関連ニュース ピーコックコーポレートサイト